究極の喜劇と化した東京都知事選挙

究極の悲劇は喜劇
 前回「小池百合子の乱」とその背景を書いたが、その周辺で起きていたこともまとめておく。自民党の都議会と対決する小池百合子氏に対して、自分たちに都合の良い知事候補として増田寛也氏を担ぎ出して自民党の分裂選挙になった。
 終始蚊帳の外だったのが民進党および野党各党。最初は蓮舫氏を候補にしていたが、民進党の現状から国政で党首の座が近いと踏んだ彼女は参議院議員を継続することに。
 ここで、一気に有力対象者を失った民進党は長妻昭氏、片山善博元総務相、長島昭久元防衛副大臣、江田憲司氏、海江田万里氏、柿沢未途氏、松沢成文氏、はては俳優の石田純一氏、古賀茂明氏と日替わり定食状態で迷走する。
古賀茂明氏に至っては民主党政権時代の3.11以降の東電再建案に見向きもせず、海江田、鉢呂、藤村(臨時)と無視し続け、最後に枝野が印籠渡した相手じゃないか。どのツラ下げて依頼したんだか。
 そして、最終的に「何も知らない」の鳥越俊太郎氏に落ち着く。
 その迷走劇の最中に前回次点だった元日弁連会長の宇都宮健児氏が「3度目の出馬をする」と決めており、こちらとの調整も動いた気配が無い。枝野幸男幹事長と共産党の小池晃書記局長が宇都宮氏に「不出馬による協力要請」をしたが門前払い。
7/14追記:宇都宮氏は最終的に立候補を取り下げたが、鳥越俊太郎氏を担いだ野党連合に「愛想が尽きた」ってあたりだろう。:追記終わり
 小池百合子氏の『東京大改革宣言』に匹敵する構想を持ち出して政策論議を行う相手は現時点で皆無だ。立候補予定者の政策討論会を行っても出たとこ勝負の他候補とは議論にならない。まして、鳥越俊太郎氏に至って「知らない」、「関心がない」ことが多すぎるのだから。
 ま、定番のドクター中松氏は今回は高齢で立候補しないようだが、小池百合子氏以外の、どの候補を見てもトラジディ(悲劇)でしか無い。
ただ、佐々淳行氏が「危機管理」の中で述べているように、追い詰められて究極の悲劇だと思ったことも、一眠りして一夜明けると喜劇に思えることもあるそうだ。
 ま、日本を代表する首都の東京都知事選挙が、悲劇でも、喜劇でも、国民には不幸なのだが。

鬼退治は当選してからの小池百合子氏
 小池百合子氏の記者会見では『東京大改革宣言』を前面に出して、現在の都議会のドンの存在を攻撃したりしないが、これは当選後の仕掛けになっているのだろう。だから「当選したら都議会解散」と言えるのは、言いたい放題都議会を罵倒して、議会に不信任案を出させ「やるなら、やんど」の準備があるからだろう。
 さて『東京大改革宣言』だが、知事なんだから方針と理念が大切で、方法論は部下に任せればよい。このあたり旧民主党が間違っているのは「政治主導」で方針も理念もネグレクトして現場に手を染める手法をとったこと。福島第1原発に総理大臣が自ら「ベントしろ」と言いに行く必要は全然無い。
 物事は方針→戦略→戦術、つまり「方向」、「何が有って何が無い」、「どうやって実現するか」の機能に分けて考えるべきで、戦略無き戦術は昔の日本軍の逐次戦力投入となり勝利(実現)はしない。
まずは、方針に近い方向性から
 1)セィフティシティ
 安心・安全で、元気な首都・東京
 2)ダーバーシティ
 女性も、男性も、子どもも、シニアも、障がい者も、いきいき生活し、活躍できる都市・東京
 3)スマートシティ
 世界に開かれた、環境・金融先進都市・東京
で、『東京大改革宣言』となる。これは戦略に近い
1)都政の透明化
2)五輪関連予算・運営の適正化
3)行財政改革の推進
4)都知事報酬の削減
5)特区制度の徹底活用
このあたりで、現在の都議会のドンへ喧嘩を売っているわけだ。ただ、既存のマスコミからは「内田茂」の名前が出てこない。後述の中でちょっとでてくるくらい。記者クラブ出入り禁止が怖いのか。


自民党東京都連のみっともない狼狽
 「都知事選挙における党紀の保持について」って書類が出回っている。7月11日付けだから、増田寛也氏を担ぎ出してすぐの発行になる。
 内容は随所にアップされているが、
1、党員は、党の決定した公認・推薦候補者を応援し、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならないこと。
2、党員は、反対党の候補者を応援し、または党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為をしてはならない。
3、各級議員(親族等含む)が、非推薦の候補を応援した場合は、党則並びに都連規約、賞罰規定に基づき、除名等の処分の対象となります。
 とまぁ、脅してるわけだ。この発行者が「自由民主党東京都支部連合会 会長 石原伸晃 幹事長 内田茂 党紀委員長 野沢太三」となっている。
情報はここにある。さすが、しがらみの無いハフィントンポストだ。
 この条文で「各級議員(親族等含む)」は、明らかに小泉純一郎氏を恐れての条文だ。小池百合子氏を小泉純一郎氏が応援でもしたら、小泉進次カは只では済まないぞって脅しだ。こんな文章に石原伸晃氏も名前を連ねたものだ。氏の小心さが垣間見られる状況証拠だ。
 「役人の上に役人を持ってくるようなやり方では駄目だ」と小池百合子氏に言われて逆上しているのだろうか。
 民進党のみでなく、自民党都連も「究極の悲劇は喜劇」を演じてくれそうだ。
楽しみである。
ただ、既に野党は鳥越俊太郎氏を担ぎ出した時点で外野に行ってしまったが。

button  東京都知事選は自民党都議会を「ぶっつぶす」選挙
button  猪瀬直樹 公式サイト



2016/07/13
Mint