熊本地震はどんな地震なのか(2)

地震の被害は想定不可能
 今回の熊本地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに被災された多くの方へお見舞い申し上げます。直接支援の手を差し伸べられませんが、今回の地震の様子を情報でお伝えしたいと思います。
 本記事に利用した図表は国土交通省・国土地理院の「最近の地殻変動情報」http://mekira.gsi.go.jp/project/f3/ja/index.htmlより引用・加工させていただいています。
 前回の(1)では2度の大きな予震と本震の後1週間後の地表面の様子を分析したが、結論として予震と本震では今まで固着していたアスペリティが切れた事、その後続く余震では本格的に地面(前回の表現では豆腐部分)が動いている。
 海洋でのプレート型地震でも本震の後にプレートと地殻の境目以外にも地殻内で割目(断層)が発達し境目以外にも地殻内断層による余震が発生しているのかもしれないが海底にGPS観測網が無いので震度計での観測で推測するしか無い。それでも海底面の移動は解らない。また、本震の震源地は陸地から遠く、地震波が減衰して観測網で把握されないかもしれない。
 今回の熊本地震は陸上の直下で発生し、その余震も含めた震源地も浅く、またGPS観測網が整備されているので初めて地殻変動と断層と地震のデータが集められる地震かもしれない。たぶん、世界で初めてこのような事象の観測ができる例になるだろう。
 震源の浅さは地震のMJ(マグニチュード)と実際の震度に現れている。通常MJ2.0程度では震度は1以下だが、今回の熊本地震の地震速報を見ても震度2もしくは3の場合もある。
 地震による被害推定方法は各種あるが、古来からの方法は震源地を想定し、そこからの距離で震度を推測する「距離減衰法」であった。最近はコンピュータの発達と共に各地までの地層の変化を加味して推定深度が計算する方法がある。5年ほど前の状況だが苫小牧沖でMJ7.0の地震が起きたと想定して札幌市を500mメッシュで切ってそれぞれのセルの震度を計算すると高速なパソコンでも3日程かかる。しかも実地検証は過去のMJの少ない地震と比較するので精度は「距離減衰法」に勝るとは言いがたい。また、地面の深い所と地表との地震波の反射往復は実際に揺れの継続として東京の関東ローム層の上下で起きているのだが、ここまで計算し、実証するのは実際の地震の規模が小さく、研究の粋を出ていない。
 さて、話を熊本地震の地震後2週間後に戻そう。

本震後も頻繁に起きる地震
4月30日までの地殻変動の状況
4/30 前回の4月23日と比べて南西および北東への移動が振り切れているが、これは4月23日と同一のスケール(20%)を用いている。また、南北への移動も振り切れている。
 多発する余震が熊本近辺の断層がさらに活発に活動し地面を東西方向に移動しながら、同時に南北方向にも移動していることがわかる。不思議なのは断層の方向が東西方向と推定されているのに地表面(地殻、豆腐)に南北の動きが発生していることだ。
 下から何かが盛り上がってきて左右(この場合は南北)に分かれているのだろうか。地殻の変動の時間軸は噴水が吹きあがり分かれるような短期的時間軸では無いのだが。
4月23日まで観測の水平方向の移動
4/23_level  そこで、1週間古いが4月23日に分析された垂直方向の地面の移動を見ると、熊本が沈降、その東が上昇の様子が読み取れる。
 熊本は沈みながら東に進み、断層に割り込む形で断層の両脇を押し出していると推定される。つまり、熊本近辺の地層(地殻、豆腐)が船の舳先のように東に向かって(画像では瀬戸内海に向かって)進み、周りの地層(地殻、豆腐)がかき分けられて舳先の左右、地図では南北にかき分けられている状況と観測できる(このあたりは、筆者の推測の域を出ない)


5月7日のGPS測定データ
5月7日 一つ上の5月7日のデータを見ると大きな九州が熊本から大分に向けて南北に裂けていく状況が解る。本震後の地面(地殻、豆腐)の移動は2週間以内に起きて、その後は大きな動きは無いように見て取れる。
 国土地理院もGPS観測データを気にしているのか、旧来は10年変化、5年変化の2種類を表示していたのだが、この頃から1年変化、1ヶ月変化に表示方法を改造している。ただ、前に書いたように精度精査を経て公開されるので、1ヶ月変化と言えど2週間遅れて表示される。
 本震発生を4月16日とすると、この地震後の1ヶ月の変化が短期間で起きたのか長期に渡って続くのかは5月16日から2週間が過ぎた6月最初のデータ公開(通常、火曜日がデータ更新のタイミング)になる。6月7日のGPS観測結果の公開によって、さらに熊本地震の本震後の様子が確認できると思う。

button  後付の熊本地震の予兆
button  熊本地震とはどんな地震なのか(1)



2016/06/04
Mint