新型コロナの北海道、札幌市の対応は後手後手
全国統計から読む
 
これは厚労省が全国の都道府県から報告を受けたオープン・データから視覚化したグラフ。デジタル化とか言ってるけど、補正が無いのでデータとして正確性に欠ける面があるのだけれど、これが一番信頼できる「公表」だろう。
まず「感染者数」とマスコミが表示するのは問題がある。正確に「PCR検査の陽性者数」と表記すれば、PCR検査の実態に目が向くはずだが「感染者ありき」でPCR検査数には目が向かない悪い誘導を招いている。
 これは、用語用法による「風評被害」の一例で、例えば「核のゴミ」って表記も問題があって「原発の廃棄物」と書かなければいけないのだが、当事者の電力会社に配慮しているのか、国民の責任みたいに「核のゴミ」と表記する。それが、風評被害の核弾頭になっている(核弾頭は違うか(笑い))
上記のグラフは北海道、東京都、大阪府、福岡県のここ1ヶ月のPCR検査数の状況だ。あきらかに、北海道はここ1ヶ月で急激に増えている。他の都道府県では一定数で落ち着いている。
このデータが何を意味するか。
1)PCR検査に回す濃厚接触者の選別が少ない。
 本来の日本の新型コロナ対策は「クラスター方式」で、PCR陽性者が見つかったら、その濃厚接触者を洗い出し、検査し、感染が広まるのを防ぐ方式だ。
これが「感染症法」の法の趣旨だ。しかし、札幌市は濃厚接触者を選別する要員が不足しているのでクラスターを見逃していた。そして、その人員不足を長く放置していた。
PCR検査数が増えたから「感染者(マスコミ用語)」が増えているのだ、PCR検査1000件当たりの陽性者数は5月の頃と同程度だ(これは、後にアップする)。
2)知事権限に頼り過ぎた札幌市
 営業自粛とか指導権限は都道府県知事にある。その意味で人口が170万人で全国のの都道府県で20位の岡山県に匹敵し、なおかつ、人口密集度が高い札幌市が積極的方策を北海道任せにしていた。
3)北海道の統計の読み違い
 北海道は全国の都道府県の統計を見ながら「全国並みだな」と判断していたのだろう。実際、人口10万人当たりのOCR検査数は全国平均に近いものだった。札幌市のみのPCR検査統計は日報はあるが「見える化」された公表はなされていない。(ま、北海道が独自で作ればよいのだが、これは本来、札幌市の業務だ)
4)後手後手で市民を危険にさらした
 先に書いたように「濃厚接触者の選別」が人員不足でザルになっているのは、最近の「接触者不明」が増えている原因にもなっている。これを「本人が話したがらないから、しょうがない」で済ませて来たのだ。結果、無症状のPCR陽性者が「市中感染」を広める結果となった。
とまぁ、統計資料(ファクト)から読める(仮説)は以上のようなものだ。
あと、加えておくと述べ数で3000名程度のPCR陽性者だが、ススキノ関連がこの中に1000名居る。全体の1/3だ。この事態を把握して何も手を打たなかった。
それは北海道に任せっぱなしの札幌市。役人の手法だ。
政治家にはあるまじき業務怠慢だ。
政令指定都市なんだから、もっと政治家っぽい市長を選ばんと駄目だな。 データの出典は以下のHPを参考にした。 https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
https://uub.jp/pdr/q/covidkensa.html


役人の無謬性の極みだろう
 自分たちの落ち度を公表せずに「ステージ3」とか言ってる行政組織とそれを容認する北海道知事。
「ステージ」って「幕」で「第二幕から第三幕になった」で伝わるかぁ!! 危険度1、危険度2って用語を使うべきだろう。おまいら自身に危機感が無いのだろうなぁ。
 ま、鈴木知事の会見の様子を見てると、昔の阪神タイガースの江本さんのように「札幌市がアホやから、新型コロナ対策できへん!」に近い雰囲気だったなぁ(笑い)。
上記のグラフで明らかだろう。
札幌市は何の対策も打たないで放置し、慌てて対策を始めたら「あんりゃぁ、こんなに居たのぉ」が現状ってことだろう。
地方議会も国会も同じ課題を抱えている。
公務員は前例世襲主義で新しい事をしない。そこに「改革」って新しい事を注ぎ込むのが市民の代表たる議会だ。
が、国会はご覧の通り、行政を罵倒するのが野党の仕事って輩が議論を妨げている。
で、地方議会はどうか。
札幌市に限っていれば新型コロナ対策を提示した市議会議員は居ない。札幌市の対応を罵倒するシトは居るけど。
最大の不幸は三権分立って制度が、互いの罵倒合戦になっている現実だ。一番駄目なのは国政、地方を問わず議会の議員の「目的喪失シンドローム」
住民に直接選ばれた議員(国政、地方の別なく)は、三権の「行政」を批判するのが託された職務では無い。「行政」との相乗効果(シナジー)を生むのが託されたのだ。
行政組織ってのは前例主義で新しいことをやりたがらない。昔、地域起こしの原動力は何かと帯広市で暴れていた市役所の職員に聞いたら「若かもん、ばかもん、よそもん」ですね。我々、市役所の職員には黒船が来ないと駄目なんだなぁ、できるのは「ばかもん」だけかな」と言っていた(解る人は解る、あの公務員の壁を意識しないあのシトです)。
三権分立は「互いに睨む制度」と言われている。ま、司法が入るのでその感じを義務教育で教えるのだろうけど、違うんだな。
司法は「裁き」の役割。何も起きなければ何もしない「補欠」(笑い)。
問題は、立法府と行政府のシナジー(相乗効果)が民主主義の(ま、不完全なのは承知だが)仕組み。それが、歪められて札幌市では、市民は蚊帳の外。地方議会で大切な事は、行政のあら探しでは無くて、自らの提案を構築するために勉強する事。
 女子大で非常勤講師をしていて「統計分析」って講義を行っていたのだけど、札幌の市議会議員は藤女子大の学生程度も勉強して無いなぁ。頭悪いとは言わないけど、もすこしマットウな統計を読む力が無いと駄目だぞ。
札幌市の「出遅れた」を追求するのも大切だが、これからどうするって政策論議出来ない札幌市議会は「馬鹿なのか(C)アンフェアー雪平」。
役所と議会が「相乗効果(シナジー)」を生んでるのは何処の地方議会にあるのだろうか。
私は、日本もアメリカも「民主主義は数の論理」と教えた段階で政治(選挙)に既得権を与えてしまったと思う。
馬鹿が議員になって公務員を呼びつけて叱責する。それが、国民の利益になるのだろうか。

過ちは誰が正すのか?
 マスコミは「政権の見張り番」なんて言っているが、実態は記者クラブに代表されるように政権の御用団体に成り下がっている。一時期、フリーのジャーナリストってのが持てはやされたが、結局はマスコミで扱って欲しいって下心だけで、ジャーナリズムの欠片も無い。ま、上杉と名指しはしないが。
 マスコミは当てに成らない。本来、日本の新聞社支配のマスコミだが、新聞社の前身は明治時代の「政党機関紙」だ。つまり、全部の新聞社は今の「赤旗新聞」と同じ発祥なのだ。だから大東亜戦争の報道で朝日新聞社が何を伝えたかを考えると解るのは「所詮、自己主張の媒体」ってことだろう。その自己主張の基盤が「社風を考えろ」って個々の記者を誘導して、そして、最後(今が最後だと私は思っている)に提灯記事(会社の)しか伝えない媒体になっだ、だから「政権の見張り番」な記事は報道されない。
 では、市議会なのだろうか?
 これも機能していない。市政に関心が無い市議会議員なんだから、何の期待も出来ない。新型コロナ問題で政策を「提言」した市議会議員は居ない。道議会議員も居ない。我々が直接選挙で選んだ(政策を託した)議員が何をしてるんだ!(ドン!(机を叩く音))
 先のグラフを見てないのか、見ても何も感じないのか。
 勉強不足だなぁ。国会中継を見ていると「日本学術会議」問題で時間を潰している野党。これでは国民不在だ。国民は新型コロナ対策を死活問題と思っている。なんで、野党が「日本学術会議」問題で国会の「意見交換の場」を埋めるのか、それは有権者のニーズを代弁する機能を失ているから。何故、失うかと言えば、マーケット・リサチが出来て無いから。次の選挙で当選するために「反与党」が有効だと思っているから。正直って馬鹿ですね。その発想で次回の選挙で当選出来るのかなぁ?
 大政翼賛会を作っているのは、馬鹿な徒党である野党の自己責任なんだなぁ。
 過ちを是正する手立てがない。それを担う構造が崩壊している(マスコミ、地方議会、野党)
 札幌市民は生命の危機に直面してる。それに対して直接選ばれた市議会は何をしているのか。市議会は「イラン」って言いたくなるなぁ。

button  「組織論」無き組織の崩壊が始まる
button  【続】組織論、構成員にこそ責任がある


2020/11/08
Mint